ホワイトニングには大きく分けて以下の3つの方法があります。
 
1. ホームホワイトニング
  医院で患者様に合ったマウスピースを作り、薬液とともにお渡しします。これらをご自宅にお持ち帰り頂き、ご自身で行って頂く方法です。決められた期間、毎日行って頂き、医院で色の変化をチェックしていきます。
 
  • 仕上がりは透明感を出すよりも白味が増す感じ(クリームホワイティー)
  • 薬液の濃度が低いため、白くなるのに数週間かかるが、その分刺激が少ないので知覚過敏などの副作用は起こりにくい
  • 医院での治療は歯型を採るだけなので短時間ですむ
  • 治療費が一番安い
 
2. オフィスホワイトニング
  歯科医師の管理の下に、医院で行う方法です。
 
  • 透明感のある仕上がりになる
  • 薬液の濃度が高いので、短時間で効果が現れるが知覚過敏などの副作用がでることがある
  • 医院での治療時間が長い(歯の本数にもよるが1~2時間)
  • 治療費が1.と比べて高い
 
3. デュアルホワイトニング
  上記の1.と2.を組み合わせて行う方法です。最短時間で最大の漂白効果を得ることができます。
 
ホワイトニングに際しては、下記事項をよくご理解のうえ、処置をお受けくださるようお願いします。
  • 無カタラーゼ血症の方は必ず事前に申し出てください。
  • どのくらい白くなるかには個人差があります。(望まれる色調が得られない場合もあります。
  • 歯の色が明るくなることによって、歯の表面性状(紋様など)が強調されることがあります。
  • 術後に色の後戻りを起こすことがあります。この場合、必要に応じて再度ホワイトニングを行い、色調を保ちます。(処置費用が別途必要です。)後戻りには個人差があります。喫煙される方、色の濃い飲食物(コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなど)を好まれる方、お口の中の衛生状態の悪い方などに後戻りが起こりやすいといわれています。特に、ホワイトニング後数日は上記の項目について避けるようにしてください。
  • 術中・術後に知覚過敏(歯がしみる感じ)が起こる可能性があります。また、歯ぐきに刺激を感じることがあります。程度により、ホワイトニングをいったん中断・中止することがあります。
  • 既存の詰め物や冠の色は、変わりません。必要に応じて、ホワイトニング後の歯の色に合わせて詰め替え・被せ替えをします。