2 1 > 
歯周病について
歯周病(歯槽膿漏)は、歯の周囲の組織に炎症が起こり、歯を支えている組織(歯槽骨や歯ぐき)が次第に失われていく病気です。困ったことに、かなり病状が進行しないと自覚症状が現れません。「痛い、腫れた、噛めない」といった症状を感じて歯科医院を訪れたときには既に手遅れ、ということが残念ながらよくあります。それゆえ、日本において40歳以上の成人が歯を失う第1の原因になっています。歯周病は早期発見、早期治療そして治療後の定期的なメンテナンスがとても重要なのです!
   
歯周病の原因と進行

歯周組織は歯ぐき(歯肉)、歯を支える骨組織(歯槽骨)、歯根をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置ににしっかりと付着・固定するために強固な構造を備えています。しかし、歯磨きが不十分で歯と歯ぐきの境目(歯肉溝)に歯垢(プラーク)がたまり、歯周病原菌が増殖すると歯周組織に炎症が起こります。進行すると歯周ポケットが形成され(歯肉溝が病的に深くなる)、付着部が歯面からはがされ、歯肉が腫れてきます。処置が遅れると歯槽骨が破壊され、歯がグラグラしてきます。骨が歯を支えきれなくなってしまうと、残念ながら抜歯となってしまいます。

   
歯周病は生活習慣病です。前述のように、歯周病の主な原因は歯垢(プラーク)です。しかし、歯を磨かなくても歯周病にかからない人もいれば、気をつけて歯磨きしているのに徐々に歯周病が進行してしまう人もいます。つまり、歯周病が成立する上で患者さん個々の先天的な要素が多くをしめているということであり、この点で高血圧や糖尿病といったいわゆる生活習慣病と似ています。したがって、治療にあたって患者さま個々のタイプの判定が重要といえます。その他の歯周病の原因として喫煙、糖尿病などの全身疾患、ストレス、歯ぎしりや噛みしめなどの習癖があげられます。

再生治療
歯周治療の目的は病気の進行を止め、歯周組織を健康な状態に回復することです。初期の歯周病の場合は汚染された歯の表面を清掃するだけで治癒する場合もあります。しかし、歯周ポケットが病的に深くなると、多くの場合外科的処置が必要となり、汚染された組織を切除することとなります。その結果、歯周組織の炎症がなくなったとしても歯肉(歯ぐき)が下がって歯が長くなったり、歯をしっかり支えることができなくなったりすることがあります。 様々な研究の結果、最近では失われた歯周組織を回復させる治療法が開発されています。これを再生治療といいます。歯が機能するための支持構造を回復させてやろうというわけです。その代表的な治療法が生体吸収性メンブレンとエムドゲインです。加えて、2016年末より リグロスという歯周組織再生医薬品が健康保険適応となりました。
 
1. 生体吸収性メンブレン
生体吸収性メンブレンは、歯と骨を結ぶ付着繊維を再生させるために用いられる膜状の生体材料です。当院では、GC社製のジーシーメンブレンを使用しています。生物学的原理:歯周外科処置の後、歯根の表面では4種類の組織が増殖しようと競争を始めます。この中で付着繊維をつくる組織の増殖スピードが一番遅いため、通常、新付着の形成はほとんど期待できません。新付着が起こるためには、付着繊維を作ることができる細胞だけが歯根に接触するようにしなければなりません。そこで、生体吸収性メンブレンを歯根の上に設置して再生スペースから不要な組織を排除することで付着繊維をゆっくりと再生させることができます。ジーシーメンブレンは、生体吸収速度を適度に調整してあるため、治癒期間中の再生スペースの維持を可能にしています。最終的には炭酸ガスと水になって体外へ排出されるため、従来の 非生体吸収性メンブレンのように新付着形成後にメンブレンの摘出手術をする必要がなくなりました。
 
  治療の流れ
1.歯肉の切開、剥離、歯石の除去 
2.GTRメンブレンの設置 
3.メンブレンを歯肉で覆って縫合 
4.再生した組織は約3か月で成熟
   

2. エムドゲイン
エムドゲインは、スウェーデンのビオラ社で開発された歯周組織再生材料です。エムドゲインの主成分である「エナメルマトリックスデリバティブ」は、歯が生えてくる時に重要な役割をするタンパク質の1種です。歯周外科手術の際にエムドゲインを歯根面に塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。こうして初めて歯が生えたときと同じような付着機能を持つ歯周組織の再生を促します。
 

治療の流れ
1.歯肉の切開、剥離、歯石の除去   
2.エムドゲインの塗布
3.縫合
 


3. リグロス
有効成分として遺伝子組換えヒトbFGF製剤(塩基性繊維芽細胞増殖因子)という成長因子を含むお薬です。これまで多くの臨床試験が行われ、安全性が確立されています。この薬剤を歯の周りの組織破壊が起こった部分に応用すると、なくなってしまった組織のもとになる細胞を増殖させるとともに血管の新生を促すことで歯槽骨、歯根膜、セメント質といった組織が新たにつくられ、その結果として歯周組織を再生させます。
 
 

治療の流れ
1.歯肉の切開、剥離、歯石の除去  
2.リグロスの塗布
3.縫合
 


※ エムドゲインとリグロスの違いについて
エムドゲインとリグロスの術式はほぼ変わりません。歯周組織の再生療法においては文献や治療実績も豊富にあるため、エムドゲインがこれまで多くおこなわれてきました。しかし、保険が適応できない自費治療となるため、高額の治療費がかかってしまうこともありました。 リグロスは健康保険の適応ですので、2万円程度の治療費となり、費用の負担を軽減することができます。反面、エムドゲインと比べると新しい治療法となるため臨床的効果の実証や実績の報告はまだまだこれからという面は否定できません。しかし、適応症を選定して適切に使用すれば、歯周組織を効果的に再生することも可能であると思われます。  

再生治療を行うかどうかは、患者さま個々の歯周病の状態や健康状態などによって異なります。また、再生治療は万能ではありません。精査の後、主治医とよく相談しましょう。

細菌検査
歯周病は患者さまによってリスク(進行しやすさ)が異なります。高リスクの患者さまでは、ある種の病原菌が関与していることがあります。疑わしい場合は細菌検査(唾液やプラークを調べます)を行い、菌が検出された場合は抗菌剤を使用して除菌をはかることにより、より合理的に治療を進める配慮をしています。
ホームケアとメンテナンス
頑張って終えた治療の成果をできるだけ長持ちさせたいと思いませんか?そのためには自己管理(毎日のホームケア)と定期的なメンテナンス(歯科医院で行う)が重要です。ホームケアについては患者さま個々の歯周病の状態や歯並びに合わせて適切な歯磨きの方法をご指導いたします。また、メンテナンスについては定期的に御来院いただき、歯科衛生士による専門的な歯のクリーニング(PMTC)をお受けいただきます。虫歯と歯周病は予防(再発防止)することが可能な病気です。
   
歯磨き剤やうがい薬で歯周病は治りますか?
   
  PMTCとは何ですか?
   
  タバコは歯周病を進行させるのですか?
   
  歯周病と糖尿病は関連がありますか?