1 2 > 
虫歯の原因と進行 虫歯は細菌による感染症です。以下のようなメカニズムで進行します。
1. ミュータンス菌など虫歯の原因となる菌を含むプラーク(歯垢)が歯に付着します。白い、ネバネバした汚れです。

2. これらの菌が食物の中の炭水化物や糖分から酸を作ります。

3. 歯の表面に付着したプラークの下で酸性状態が続くと、エナメル質からカルシウムやリン酸が溶け出し始めます。これを「脱灰」といいます。脱灰が進行した場所は透明感が無くなり、白濁したクリーム色になります。これが初期虫歯です。初期虫歯は穴があいていたり、黒色とは限らないのです!正常なお口の中では、脱灰ばかりが進むのではなく、唾液の働きによりカルシウムやリン酸が再び歯に戻ることがわかっています。これを「再石灰化」といいます。つまり、「脱灰」と「再石灰化」は食事のたびに両者の間で揺れ動いてバランスをとっている現象であるといえます。(Q&A「個人差」の項をご参照ください。)

4. このバランスが「脱灰」の方に傾き続けるとだんだん歯に穴があき、それが大きくなってついに虫歯として認識される状態になります。

5. 更に脱灰が進行して歯の中央にある歯髄(神経と血管の束)が炎症を起こすとズキズキした痛みを感じ始めます。これを「歯髄炎」といいます。歯髄炎が進行すると歯髄を温存することは難しく、歯内療法(歯髄を取って薬を入れる)を行うことになります。

6. 更に放置して歯髄炎が進行すると「歯髄壊死」(機能を停止し死んだ状態)になり、時にはこれが感染源となってあごの骨にも影響が及ぶことがあります。早めの歯内療法(感染源を取って薬を入れる)を行うことが強く勧められます。

7. 上記 5. 6.時に適切に歯内療法を行わず、放置すると残念ながら抜歯となるケースも多くみられます。

     
虫歯のかかりやすさに個人差があるのはなぜ?
 
  フッ素は虫歯予防に効果があるのですか?
 
  キシリトールは虫歯予防に効果があるのですか?
 
  虫歯は母親から子供にうつるのですか?
 
  唾液検査とはどんな検査ですか?また、何がわかるのですか?