歯を失う主な原因は、ほとんどの場合「虫歯」と「歯周病(歯槽膿漏)」によるものです。これらの病気は主にお口の中の細菌の活動により、歯や歯を支える組織が破壊されることで進行していきます。自覚症状もなく何年にもわたってゆっくりと進行することもありますので、気づくのが遅れると残念ながら抜歯になってしまう場合も多いのです。

このことから当院では起きてしまった病気の治療だけでなく、「病気を未然に防ぐ」ことの重要性や具体的な方法もお伝えしております。「なぜその歯が悪くなってしまったのか」ということを考えることなく歯を削ったり抜いたりするだけの治療を行っていては健康を維持できないと考えております。

全ての治療が終了した後は、病気の再発・進行を予防する目的で定期的に歯のメンテナンス(虫歯・歯周病のチェック、歯のクリーニング)を行っております。また、小さなお子様には「健康な永久歯列(大人の歯並び)の完成」を目標にして関わっていきたいと考えております。
歯科医院とは、病気を治療するところであると同時に「患者様の健康の維持・増進をサポートするところ」でありたいと願っております。